なぜ任意保険が必要なのか

| 未分類 |

自動車を運転する時には、必ず強制保険である自賠責に加入させられます。
しかし、それにもかかわらず、任意保険に加入することも必要だと言われますよね。
なぜ、強制保険に加入しているのに任意の自動車保険に入らなければ行けないのだろうかと思っている人もいるのではないでしょうか。

交通事故はどれだけ気をつけていても、起こしてしまうことがあるだけに保険の加入は絶対です。
また、交通事故というのは起きた時の賠償金がとてつもなく高額になり、保険に加入していなければ一生かかって支払うことになるような金額になってしまいます。

そして、自賠責というのは人身事故に対する補償しか無くまたその補償内容も十分とはいえません。
そのため、それ以上の損害賠償を請求されてしまった場合、自賠責を越える分は自己負担となってしまうのです。
この際に任意の自動車保険に加入していれば保険から賠償金が支払われますが、加入していなければ完全なる自己負担となってしまいます。
また、物損事故の場合自賠責は使えないのでこれもまた完全に自己負担となってしまうために、大きな債務を背負ってしまうことになってしまいます。
それだけに任意の自動車保険に加入しておく、必要性というのは非常に高いものになっているのです。