自動車の任意保険にはさまざまな内容のものがあります。
搭乗者傷害保険もの一つです。
これは、保険を契約した車両に乗っている人がケガをした場合、その治療費は本保険で支払われるのです。
ただ、もし人身傷害補償保険に加入しているのであれば、そちらのほうから治療費をカバーできますので、本保険の意味がなくなってしまうので、最初から付けていない保険会社も多いというわけなのです。
人身傷害補償と本保険の違いですが、人身傷害の場合は損害金額に対して補償範囲内で全額支払われるのに対して、本保険では部位・症状別での支払いとなる、という点です。
たとえば、頭部の打撲や捻挫なら5万円、手指の骨折や脱臼なら20万円などと、詳細に決められているのが特徴です。
もし、人身傷害補償保険にだけ加入して、本保険には入っていない場合のことを考えます。
すると、保険金は人身傷害補償保険からのみ支払われます。
治療費は、損害額の実費が確定後に支払われます。
万が一死亡した時は、人身傷害補償保険の契約保険金額を限界に損害額が支払われます。
補償範囲は、契約車両での事故はもちろん、歩行中や他のバスなどに搭乗中も対象となります。
また、配偶者や同居の親族も補償されます。
もし、本保険も同時に契約していたなら、結果は大きく異なります。
保険金は、人身傷害補償保険と二重に支払われます。
治療費は、部位と症状がわかった時点で保険金を受け取れます。
万が一死亡時は、死亡保険金1000万円を受け取れます。
このように、非常に手厚い補償があるのです。