交通事故を引き起こしてしまった場合に被害者側にどのような費用を支払うのか考えてみましょう。
クルマの修理を伴う人身事故を起こした場合と仮定します。
まず、請求内容は以下の4つと考えられます。
専門的な言葉を使うと、積極損害・消極損害・慰謝料・物損 という4つの費用です。
これらの説明をすると、積極障害と主に治療費です。
消極障害とは休業補償です。
慰謝料は、精神的なショックに対して支払う費用です。
物損は、相手の車や所有物を弁償する費用です。
このような事故を起こした場合、速やかに被害者の救済をし、そのあとに警察に連絡を入れてから、保険会社に連絡することが事故を起こした人の義務です。
こうなると、話し合いは保険会社に任せた方が良いです。
怪我の具合が軽い被害者でも、事故となると大きな費用を引き出すために大きな怪我を装う場があります。
精神的なショックは目で見てわかるものではありません。
休業補償でも個人事業主の場合、実際に働いていても休んだことにして請求してくる人もいます。
個人的にお金を請求してくる被害者も少なくはないです。
大きな事故で重大な怪我を起こした場合も、弁護士によりアドバイスを受けて保険会社と共に対処しましょう。