国の法令などによって補償される内容や保険料などが決まっている強制加入の自賠責保険とは異なり、同じ自動車保険でも任意保険のほうは、契約する人みずからが自由にその補償内容を選ぶことができるようになっています。そのなかでも、ほとんどの契約者が加入することになる保険が、「対人賠償責任保険」と呼ばれているものです。
この保険は、読んで字のごとく、事故を起こして他人にケガをさせたり、あるいは死亡させたりした場合、すなわち「対人事故」である場合に、被害者に対する損害賠償をするために必要な補償をしてくれる保険です。あくまでも人に対する被害が対象ですので、被害者が乗っていた車の修理代などは「対物賠償責任保険」という別の種類の保険に加入して対応します。
この保険では、ケガに関して支払われた診察料、治療費、薬代、入院費、病院への通院のための交通費、肉体的・精神的な慰謝料などが保険金として支払われ、特に死亡の場合には、葬祭費や逸失利益などについても支払いの対象となります。
こうした対人事故では数千万円以上の損害賠償が発生することもあり、自賠責保険だけでは十分ではない場合も多いので、ぜったいに加入しておきたい保険です。