自動車を所有していると、自動車税や保険などの維持費も必要です。
 保険には強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
 強制加入の自賠責保険は被害者の補償が目的ですが、加害者からの十分な保証が得られない場合に備えた最低限の補償であって、事故の態様や、運転者の過失などによっては、それだけで十分ではありません。

 また、運転者自身の怪我や、当事者と相手方、それぞれの車を含む、モノへの補償は自賠責保険の対象ではありません。
 運転免許を取るときに、自動車を運転すると、3つの責任があると教えられます。一つは行政上の責任=道路交通法などの法規を守って運行する責任、二つ目は刑事上の責任=事故の加害者に立った時の刑法上の責任、三つ目は民事上の責任=事故の相手方の損害を補償する責任です。
 行政上の責任は、違反によって運転免許の点数が減点され、時には免許停止や取り消し、罰金などの処分を受けます。
 刑事責任は、事故の場合に法律で裁かれますが、民事責任を果たすためには、万一の場合、自賠責保険では間に合いません。万一の時の賠償責任の備えは、任意加入の自動車保険に加入しておくのが有効です。
 退陣、対物、搭乗者など、それぞれの補償内容を細かく指定して保険料を決めることができます。