任意保険の良いところは、自分好みのカスタマイズが行えるというところです。そのカスタマイズとしては、自分だけで起こしてしまった単独事故や自損事故についても、補償の範囲に含まれているという点だと言えるでしょう。ただ、このような補償を行ってもらうためには、まず事前に登録を行っておく必要があります。

実際に車を運転していると、自分だけで事故をしてしまうケースはかなり多いものです。民家の壁に車を持っていってしまい、擦り傷をつけてしまったり、自宅で車庫入れを行おうとしていた時に車の後ろをぶつけてしまったりなど、自分だけで起こす事故は本当に多いと理解できるでしょう。それゆえに、たとえ運転に自信があるような人であったとしてもこの任意保険に入っていることがほとんどなのです。

ドライバーの単独事故においては、それほど大きな保険をかけていない場合もあります。それは、対人事故と比べて補償額が大きくならない可能性があるからです。そのような場合、保険料が安くなりますので任意保険を使用しないケースもありますが、できれば任意保険には入っておくことが大切です。そうすることで、自分だけの単独事故でもしっかりとした補償を受け取ることができます。