» 未分類のブログ記事

ひき逃げとは、人身事故を起こしておきながら被害者を救済せずに、事故現場から逃走することです。
相手が分かっていれば、賠償を支給することができるのですが、このような加害者が不明の場合に役立つ保険が無保険車傷害保険です。
この保険の特徴は、事故相手が保険に加入していない・加害者が逃げてしまっていて損害賠償をする相手がいない場合や十分な任意保険に加入していない場合に、加害者に代わり賠償金を補償してくれる保険で、ほとんどの自動車保険に自動的にセットされています。
補償対象になるのは、自動車保険に入っていない、または保険に加入をしても補償内容が不十分な自動車との事故により、契約車両に乗っている人が後遺障害になったり、死亡した場合だけです。

当て逃げとは自動車事故に限らず、駐車場や路上に車を止めているときに、接触をされる場合があります。
逃げるということにはひき逃げと変わりはないのですが、車対車で事故を起こした場合は、逃げるケースが少ないのですが、被害者がその場にいない為に、被害に気が付かない場合があります。
この場合、目撃者がいない・明確な証拠がないことが多く、対物補償保険で賠償してもらうことは困難となります。
しかし、被害者が車両保険に加入をしていれば、相手側がわからなくても、損害を支払ってもらうことができます。

 

 

 

任意保険の良いところは、自分好みのカスタマイズが行えるというところです。そのカスタマイズとしては、自分だけで起こしてしまった単独事故や自損事故についても、補償の範囲に含まれているという点だと言えるでしょう。ただ、このような補償を行ってもらうためには、まず事前に登録を行っておく必要があります。

実際に車を運転していると、自分だけで事故をしてしまうケースはかなり多いものです。民家の壁に車を持っていってしまい、擦り傷をつけてしまったり、自宅で車庫入れを行おうとしていた時に車の後ろをぶつけてしまったりなど、自分だけで起こす事故は本当に多いと理解できるでしょう。それゆえに、たとえ運転に自信があるような人であったとしてもこの任意保険に入っていることがほとんどなのです。

ドライバーの単独事故においては、それほど大きな保険をかけていない場合もあります。それは、対人事故と比べて補償額が大きくならない可能性があるからです。そのような場合、保険料が安くなりますので任意保険を使用しないケースもありますが、できれば任意保険には入っておくことが大切です。そうすることで、自分だけの単独事故でもしっかりとした補償を受け取ることができます。

自動車の任意保険にはさまざまな内容のものがあります。
搭乗者傷害保険もの一つです。
これは、保険を契約した車両に乗っている人がケガをした場合、その治療費は本保険で支払われるのです。
ただ、もし人身傷害補償保険に加入しているのであれば、そちらのほうから治療費をカバーできますので、本保険の意味がなくなってしまうので、最初から付けていない保険会社も多いというわけなのです。
人身傷害補償と本保険の違いですが、人身傷害の場合は損害金額に対して補償範囲内で全額支払われるのに対して、本保険では部位・症状別での支払いとなる、という点です。
たとえば、頭部の打撲や捻挫なら5万円、手指の骨折や脱臼なら20万円などと、詳細に決められているのが特徴です。
もし、人身傷害補償保険にだけ加入して、本保険には入っていない場合のことを考えます。
すると、保険金は人身傷害補償保険からのみ支払われます。
治療費は、損害額の実費が確定後に支払われます。
万が一死亡した時は、人身傷害補償保険の契約保険金額を限界に損害額が支払われます。
補償範囲は、契約車両での事故はもちろん、歩行中や他のバスなどに搭乗中も対象となります。
また、配偶者や同居の親族も補償されます。
もし、本保険も同時に契約していたなら、結果は大きく異なります。
保険金は、人身傷害補償保険と二重に支払われます。
治療費は、部位と症状がわかった時点で保険金を受け取れます。
万が一死亡時は、死亡保険金1000万円を受け取れます。
このように、非常に手厚い補償があるのです。

車を運転する際には必ず入っておかなければならない保険があります。それが自賠責保険というものなのですが、実はこの他にも加入できる保険が存在しているのをご存知でしょうか。その名称は、一般的に任意保険と呼ばれています。なぜ任意保険という名称なのかと言えば、自動車に乗る人が自由に選択できる保険であるからです。ですから、どのような会社のどのようなプランを選ぶかについては、完全に自由であるのがこの任意保険の特徴であると言っても良いでしょう。

さて、その任意保険には対人賠償と対物賠償の二つが存在しています。対物というのは、人ではない物を壊した時の補償であり、車で事故を起こした時に何らかの物を壊せばおりる保険になります。これは被害者が存在していない事故などに適応されるため、人によっては対物のプランに入っていないというケースも多々見られます。なぜなら、対物であれば壊してしまった財産をそのまま弁償するだけでかまいませんので、それほど大きな損害にはならないと考えられるからです。

ただ、できることであれば対物についての補償を行ってくれるプランに入っておくと安心ですので、自分なりの選択を行ってみるべきだと言えるでしょう。

国の法令などによって補償される内容や保険料などが決まっている強制加入の自賠責保険とは異なり、同じ自動車保険でも任意保険のほうは、契約する人みずからが自由にその補償内容を選ぶことができるようになっています。そのなかでも、ほとんどの契約者が加入することになる保険が、「対人賠償責任保険」と呼ばれているものです。
この保険は、読んで字のごとく、事故を起こして他人にケガをさせたり、あるいは死亡させたりした場合、すなわち「対人事故」である場合に、被害者に対する損害賠償をするために必要な補償をしてくれる保険です。あくまでも人に対する被害が対象ですので、被害者が乗っていた車の修理代などは「対物賠償責任保険」という別の種類の保険に加入して対応します。
この保険では、ケガに関して支払われた診察料、治療費、薬代、入院費、病院への通院のための交通費、肉体的・精神的な慰謝料などが保険金として支払われ、特に死亡の場合には、葬祭費や逸失利益などについても支払いの対象となります。
こうした対人事故では数千万円以上の損害賠償が発生することもあり、自賠責保険だけでは十分ではない場合も多いので、ぜったいに加入しておきたい保険です。

強制保険である自賠責保険が被害者への最低限の補償しかしないのに対して任意保険は様々なプランがあり保険内容も様々です。自動車共済とよばれる農協や全労済などが取り扱っているものもありますが基本的には通常の任意保険と同じものです。最近では賠償額が高額化したことなどから限度額を無制限化するのが流行っています。また、単に金銭的な補償だけではなく示談代行サービスなども増えてきています。
1997年から日本でリスク細分型自動車保険が認可されました。これはドライバーの年齢や性別、車種や運転免許証の色などで保険料を変えるシステムであり、事故を起こしやすい人ほど保険料は高くなり、逆にゴールド免許等で事故を起こさないと判断された人は保険料が低くなります。自動車保険は基本的に自動車1台につき一つの契約になるので複数人で一つの自動車を共同利用している場合には各々を対象とした内容にする必要があります。
ただし最近では自動車単位ではなく、ドライバー個人として契約できるドライバー保険もあります。補償内容は非常に多岐にわたり、様々なものが存在していますが大きく分けた場合には賠償金として相手に支払うものと、契約者自身の損害を補償するものがあります。

自動車を所有していると、自動車税や保険などの維持費も必要です。
 保険には強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
 強制加入の自賠責保険は被害者の補償が目的ですが、加害者からの十分な保証が得られない場合に備えた最低限の補償であって、事故の態様や、運転者の過失などによっては、それだけで十分ではありません。

 また、運転者自身の怪我や、当事者と相手方、それぞれの車を含む、モノへの補償は自賠責保険の対象ではありません。
 運転免許を取るときに、自動車を運転すると、3つの責任があると教えられます。一つは行政上の責任=道路交通法などの法規を守って運行する責任、二つ目は刑事上の責任=事故の加害者に立った時の刑法上の責任、三つ目は民事上の責任=事故の相手方の損害を補償する責任です。
 行政上の責任は、違反によって運転免許の点数が減点され、時には免許停止や取り消し、罰金などの処分を受けます。
 刑事責任は、事故の場合に法律で裁かれますが、民事責任を果たすためには、万一の場合、自賠責保険では間に合いません。万一の時の賠償責任の備えは、任意加入の自動車保険に加入しておくのが有効です。
 退陣、対物、搭乗者など、それぞれの補償内容を細かく指定して保険料を決めることができます。

交通事故を引き起こしてしまった場合に被害者側にどのような費用を支払うのか考えてみましょう。
クルマの修理を伴う人身事故を起こした場合と仮定します。
まず、請求内容は以下の4つと考えられます。
専門的な言葉を使うと、積極損害・消極損害・慰謝料・物損 という4つの費用です。
これらの説明をすると、積極障害と主に治療費です。
消極障害とは休業補償です。
慰謝料は、精神的なショックに対して支払う費用です。
物損は、相手の車や所有物を弁償する費用です。
このような事故を起こした場合、速やかに被害者の救済をし、そのあとに警察に連絡を入れてから、保険会社に連絡することが事故を起こした人の義務です。
こうなると、話し合いは保険会社に任せた方が良いです。
怪我の具合が軽い被害者でも、事故となると大きな費用を引き出すために大きな怪我を装う場があります。
精神的なショックは目で見てわかるものではありません。
休業補償でも個人事業主の場合、実際に働いていても休んだことにして請求してくる人もいます。
個人的にお金を請求してくる被害者も少なくはないです。
大きな事故で重大な怪我を起こした場合も、弁護士によりアドバイスを受けて保険会社と共に対処しましょう。

 

 

なぜ任意保険が必要なのか

| 未分類 |

自動車を運転する時には、必ず強制保険である自賠責に加入させられます。
しかし、それにもかかわらず、任意保険に加入することも必要だと言われますよね。
なぜ、強制保険に加入しているのに任意の自動車保険に入らなければ行けないのだろうかと思っている人もいるのではないでしょうか。

交通事故はどれだけ気をつけていても、起こしてしまうことがあるだけに保険の加入は絶対です。
また、交通事故というのは起きた時の賠償金がとてつもなく高額になり、保険に加入していなければ一生かかって支払うことになるような金額になってしまいます。

そして、自賠責というのは人身事故に対する補償しか無くまたその補償内容も十分とはいえません。
そのため、それ以上の損害賠償を請求されてしまった場合、自賠責を越える分は自己負担となってしまうのです。
この際に任意の自動車保険に加入していれば保険から賠償金が支払われますが、加入していなければ完全なる自己負担となってしまいます。
また、物損事故の場合自賠責は使えないのでこれもまた完全に自己負担となってしまうために、大きな債務を背負ってしまうことになってしまいます。
それだけに任意の自動車保険に加入しておく、必要性というのは非常に高いものになっているのです。