ひき逃げとは、人身事故を起こしておきながら被害者を救済せずに、事故現場から逃走することです。
相手が分かっていれば、賠償を支給することができるのですが、このような加害者が不明の場合に役立つ保険が無保険車傷害保険です。
この保険の特徴は、事故相手が保険に加入していない・加害者が逃げてしまっていて損害賠償をする相手がいない場合や十分な任意保険に加入していない場合に、加害者に代わり賠償金を補償してくれる保険で、ほとんどの自動車保険に自動的にセットされています。
補償対象になるのは、自動車保険に入っていない、または保険に加入をしても補償内容が不十分な自動車との事故により、契約車両に乗っている人が後遺障害になったり、死亡した場合だけです。

当て逃げとは自動車事故に限らず、駐車場や路上に車を止めているときに、接触をされる場合があります。
逃げるということにはひき逃げと変わりはないのですが、車対車で事故を起こした場合は、逃げるケースが少ないのですが、被害者がその場にいない為に、被害に気が付かない場合があります。
この場合、目撃者がいない・明確な証拠がないことが多く、対物補償保険で賠償してもらうことは困難となります。
しかし、被害者が車両保険に加入をしていれば、相手側がわからなくても、損害を支払ってもらうことができます。